ホーム > 見成何必 > 2012 > 6月

見成何必

2012年6月

健康診断と建物点検

本日、会社で年に一度の健康診断を行いました。

自分は健康なのか?
あるいはどこかに問題があるのか?

もっとも良いことは「健康であることが確認できること」
次に良いのは「確認はしていないが、実態として健康であること」
その次は「問題の個所が確認されること」

そして最悪なのは「問題があるのに気がつかないこと」
ではないでしょうか?

では、皆様の職場、あるいはお住まいの建物は「健康」でしょうか?

多くの方が「知らない」とお答えになるのではないでしょうか?
「しばらく屋上にも出たことがない」方も多数おられるかと思います。

私が代表に就任してから力を入れたことのひとつに「建物点検」があります。
これまでに80件を超える建物の「健康診断」を行ってきました。
今後も継続的に進めてまいります。

建物が健康であると確認できることは、施工会社として大変うれしいことです。
反対に問題個所が見つかった場合には、早期に改修のご提案を行います。
人間と同じで「早期発見早期治療」は、修繕箇所拡大の抑制と建物の長寿命化に効果があります。
結果的にライフサイクルコストを抑えることが出来ます。

「桁違いのサービス」をお届けするために
「建物点検」を通じ、建物のお引き渡し後もずっと支え続ける
そんな会社にしていきます。

これからも株式会社藤井組をよろしくお願いいたします。




お問い合せ