ホーム > 見成何必 > 2012 > 7月

見成何必

2012年7月

「鬼に訊け」を観て

先日、映画「鬼に訊け ―宮大工 西岡常一の遺言― 」を鑑賞しました。
http://www.oninikike.com/

1000年を超え、存在し続ける建物
当然、そこには「支え続ける人々」の存在があるわけです。

私が感じたことは
「建物も、組織(企業)も、きちっと管理すれば永続できるのではないか?」
ということ。
残念ながら個人には寿命がありますが、建築文化・組織文化は継承していける。
そんな共通性を見出しました。

何も重要文化財や宮大工に限らず、その他の建物、その他の建設会社でも
同じようなことが出来るのではないか?と考えております。

それこそ、私たち株式会社藤井組が理想とするお客様と建物と私たちの関係性です。

とても面白い映画ですので、是非、ご覧ください。

おススメです。




お問い合せ