企業文化 私たちらしさ

私たちの事業継続

変わり続ける私たち、変わることのない感謝の気持ち

創業以来、自分たちが出来ること、出来ないこと、やりたいことを見誤ることなく
一歩ずつ、確実に、実直に、ステップアップしてまいりました。
当初は大工集団のようなものでしたが、今では約18年にもわたるPFI事業を代表企業としてマネジメントするようになるまで変貌を遂げました。
私たちの事業内容は年々変化しておりますが、その底流を流れているのは「感謝」の想い。
私たちを育てていただきましたのは、機会を与えてくださったお客様や数々のお取引先の皆さまのおかげです。
そういった想いを忘れることなく、次から次へと、新たなステージへと駆け抜けていきます。

私たちの目的

人が建てる、人を育てる

私たちは何の為に事業を営んでいるのでしょうか?
一言で答えるならば「人」のため です。

その中にも、ご利用者としての「人」
建物を建てる「人」
つきつめるところ、「人」のために「人」で勝負をしているということです。
最近の経営用語でいうのであれば、「CS」と「ES」双方を満たす努力を行っています。

建物は人の為に、私たちも人の為に

建物をご計画中のお客様に対する私たちらしさ

建てた“その先”まで、考える

建物の意匠はとても重要です。しかしながら、建物には本来の「目的」があります。
私たちは、お客様がその「目的」を達成できるよう、持ちえる能力の限りを尽くして、プランニングにあたります。
「かっこよさ」や「安さ」を売りにするつもりは全くありません。
お客様の目的達成が私たちの目的です。

建物中の私たちらしさ

“確信”をもって、“違い”を建てる

同じ図面であれば、どこの施工会社でも同じ建物が建つのでしょうか?
答えは「NO」です。
同じ本を読んでも、読書感想文が違うように、同じ図面を基にしても、出来あがる建物は建設会社や現場代理人によって変わってきます。

私たちは確かな技術と信念をもって、建物の建設にあたります。

建物ご利用中の私たちらしさ

“支える”を続けるいつでも、いつまでも

何故、リフォーム専門会社があんなにたくさん存在するのでしょうか?
恐らく、それは、元施工の建設会社が「建てたら、おしまい」というスタンスでお客様とお付き合いされているからだと思います。
私たちのスローガンは「生涯つきあえる建設会社」。お客様の建物生涯にわたり、いつでも、いつまでもお付き合いさせていただく、そんな考え方でお客様を見守っています。



お問い合せ