ECO 太陽光発電リフォーム

高まる再生可能エネルギーのニーズ

地球上で限りある化石燃料と異なり、半永久的に利用できる自然エネルギー。
自然サイクルによりその資源が絶えることなく供給されるだけでなく、CO2に代表される温室効果ガスを排出することなく、地球環境への負荷が少ないことが特徴です。
太陽の光という無限の自然エネルギーを利用する太陽光発電システムは、年々深刻化するエネルギー資源問題を解決する有力な手段の一つです。
また、国の余剰電力買取制度により太陽光発電で創った電力のうち、使わず余った電力を電力会社に買取ってもらえるため経済的にも有益です。

再生可能エネルギーに関する情報はこちら

私たちらしさ

太陽光発電パネルは通常、建物の屋根や屋上に設置します。そして、太陽光発電設備設置によるトラブルの殆どがパネル設置個所からの雨漏りです。当社は建物を建てる建設会社として、建物のことを知り尽くしており、提案力にも自信がございますので安心してご相談ください。
また、企業様向けの大規模なメガソーラー発電施設の建設もご提案させていただきますので是非ご相談ください。

発電システム稼働までの流れ

発電システム稼働までの流れ図

よくある質問

どれくらいの広さでどれくらい発電するの?

10kwシステムを屋上に設置する場合、100㎡のスペースがあれば十分設置でき、南向き10°の傾斜で年間約9,600kwh発電します。(京都の場合)
また、¥36/1kw (2013年度 税抜価格)で電力会社に買取ってもらえますので年間の売電収入は約¥340,000になります。
(条件が揃えば約12年で設置費用を回収することが可能です)

どれくらい環境にやさしいの?

10kwシステムの設備を設置した場合、年間約3,000㎏/co2の二酸化炭素の排出を削減できます。これはテニスコート約32面分の森林面積に相当します。

太陽光パネルの寿命はどれくらい?

出力の低下はありますが、太陽光パネルの寿命は30年超です。
1984年設置の京セラ千葉佐倉工場の太陽光パネルは設置後25年で約9.6%の出力低下が見られましたが、30年目の現在も現役で発電し続けています。(一部部品のメンテナンスは必要となります)