トップページ > 建物の見方 私たちの見方

建物の見方 私たちの見方

無料点検・診断においては3つの観点から建物を評価します。

① 物理的劣化

建物の物理的な劣化状況を総合的に判断し、対処法を提案します。
同じようなひびわれでも発生個所により、問題の重さが異なります。
また、不具合が経年劣化の場合と施工不良の場合では対処法が異なります。
(施工不良の場合は根本原因の解決が必要)
このような判断は多数施工を経験してきた私たちにお任せください。

② 社会的劣化

デザインや設備が「時代遅れ」になっているものです。
特に生活に悪影響があるわけではないので、それほど気にする必要はございません。
ただ、私たちは新築物件も多数手掛けていますので、最近のトレンドについて、施工可否やコストに関する情報をお届けすることが出来ます。
「修繕」というより「前向き改善」をお考えの方にアドバイスさせていただきます。

③ 経済的劣化

マンションの「売買価値」に関する視点です。
例えば、汚れた個所があったとしても、「住む」という機能に悪影響があるわけではございません。ただ、購入をご検討されていらっしゃる方が「嫌だなぁ」と思われるだけです。
マンションの売買価格は様々な要因によって成立するので、断定的なことは言えませんが、きちっと修繕されているマンションとそうでないマンションでは他の条件が同じ場合、前者の方が評価されることは間違いありません。
安く売却する「悪い前例」をつくってしまいますと、多くの方の資産価値に悪影響を及ぼします。そのような事態を防ぐため、「快適な生活」に貢献するご提案をさせていただきます。